flower border

wagasaya 明兎アルバム

ステキな和傘、愛らしい水引細工を、工房『明兎』がご紹介いたします。

岐阜和傘講座

Categoryイベント
今晩は、明兎です。

s-DSC_0584.jpg

金沢は冬の鉛色の空ばかりですが

週末は、岐阜へ行ってまいりました。

s-DSC_0631.jpg

東海北陸道は、雪の壁ですが、関に入るころには

路肩の雪も消えて、快晴の空が待っていました。

年が明けると、必ずお邪魔する岐阜の和傘講座。

s-DSC_0587.jpg

つなぎをし、張りをして畳み、

s-DSC_0591.jpg
(張り)

そして仕上げの油と漆をしてもらった傘に

かがり糸を通します。

s-DSC_0618.jpg
(一番難しい天井)

もう、何回通ったことでしょう。

全国からの応募は予定の人数をはるかに超える超人気講座。

s-DSC_0616.jpg
(師匠のこの手、魔法です)

初めて訪ねたのは、

2010年の1月

s-DSC_0621.jpg
(傘の華)

金沢和傘伝承研究会が発足した12月の明けて1月でした。

金沢市役所のほうから言われて半ば強制的に???での珍道中。

和傘作りはどんなものなのか?

どんな道具が必要なのか?

そんな思いでバスに乗せられたあの日も

大雪で大変な日でしたが、岐阜に着くと暑いし眩しいし

これが太平洋側なんだな~と感じたのでした。

s-DSC_0630.jpg
(畳み)

それから毎年、

講座の生徒として

そしてここ数年はお手伝いとしての参加をさせていただいております。

s-DSC_0633.jpg
(お世話になっている藤沢社長)

金沢でもこの講座を開いて、もっと和傘を見えるようにしたい。

大きな、大きな夢の講座です。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment