FC2ブログ
flower border

wagasaya 明兎アルバム

ステキな和傘、愛らしい水引細工を、工房『明兎』がご紹介いたします。

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粋な音締めの江戸端唄 会にて

Categoryイベント
今晩は、明兎です。

4月に入り、新年度、いろいろなこと考え、やりたいこと、やらなきゃいけないことを

しなければと思うのですが、カレンダーの日付が変わっただけで

いい子になれるわけでもなく、毎日をしっかり進めるしかないかぁと

思う一日でした。

s-DSC_1390.jpg

でも、その中でもblogは何とか続けたいアイテム。

今までも、blogからいろいろなご縁が生まれたのだから

大切にしたいと改めてと思うから、今日はしたためることに。。。

ご縁っていろいろですよね。

今は仲良くなっている友人知人、ふと思い返すと

こんなところで、こんな風に出会ってなんて思うこともしばしば

s-DSC_1342.jpg

先日の、端唄のお浚い会に参加させていただいたのも

おしょっさんである彼女が実演会にて『千鳥かけ』ってどれですか?

って、聞いてくれたから、

s-DSC_1347.jpg

端唄の『からかさ』の中に『千鳥かけ』って出てくるんですよって教えてくださったから

そして、数年、今に~って彼女が思い描いていた

s-DSC_1351.jpg

端唄の舞台に和傘を持って来てくださいね。。。って

人生不思議なものだと、本当に思いますね。

s-DSC_1360.jpg

おしょっさんである彼女。

お弟子さんとの共演は、一曲一曲、出たり入ったら

暗譜はもちろんのこと、お三味線の持ち方がぶれない。

とても、綺麗な立ち居振る舞い さすがと~と思いました。

そして、とってもお茶目で可愛い 皆さんに慕われる所以ですね。

私も、ご縁を大切に これからも夢を持って頑張っていきたいと思います。


s-破れ傘

♪からかさ
 からかさの骨はバラバラ紙や破れても
 離れ離れまいぞえ千鳥掛け

 待ちますわ 待てと云うなら五年はおろか
 柳々新芽の枯れるまで

 雪を雪をかぶって寝ている笹をにくや
 にくや雀が来て起こす~♪

関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。