FC2ブログ
flower border

wagasaya 明兎アルバム

ステキな和傘、愛らしい水引細工を、工房『明兎』がご紹介いたします。

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五色生菓子

Categorylife
五色生菓子(五色饅頭)

金沢での婚礼にかかすことがなかった五色生菓子。

DSC_4436.jpg

最近は本当に見なくなりました。

先日、知り合いの結婚式を見に行って、

和傘で撮影会してもらった夜

お祝い返しの引き出物の中に

お赤飯と五色生菓子のセットがありました。

3.png

うちの子どもたちも大好きでさっそく食べながら

ママの結婚式のときはね、引き出物に必ずこのセットと

鯛の唐蒸しがあったわ!と話しておりました。

鯛の唐蒸し、鯛のおなかの中におからが入っていました。

1.png

そういえば、お年頃の娘

何度となく結婚式に御呼ばれされていますが、一度も持ち帰ったことが

なかったことに今更気が付きました。

新婚旅行から帰ったら、お重にお赤飯と五色生菓子を入れ

嫁ぎ先のお母さんと着物をきてご近所周りをしたのは

うん十年前~(???)

DSC_4475.jpg

婚礼の道具入れの頃には、玄関先に御饅頭屋さんの木箱を沢山飾ってもらいました。

道具入れのトラックには、紅白の幕

トラックの運転席の天井に鶴亀の大きなわらの置物

祝い唄を流すのやめてと言ったのに、家具屋さんがガンガンに流して

細い路地に入ってきたことを思い出しました。

2.png


本当に、なくなってますね。

いろいろなこと、そういうこと。。。

なんでも いわれ があります。

五色生菓子のいわれは?

越山さんのホームページから

その由来は...
慶長6年、徳川二代将軍秀忠の娘・珠姫が前田家三代藩主利常侯に嫁入りしました。
五色生菓子は、その祝い菓子として、本職の菓子屋・樫田吉蔵氏が創作しました。
五色とは、「日・月・山・海・里」の天地の恵みを表し、五色生菓子は、
それらに対する畏敬の念が表現された菓子です。金沢では、
今でも、婚礼に欠か せない祝い菓子のひとつとして、広く用いられています。

日...昔太陽を象り紅色円型
月...白色丸形にして、黒胡麻は行く雁を表す。
山...岩からなすとして黄金色に輝く岩を表す。(稲穂を表すとの説もあり)
海...菱形にして、波の重なるを見るの意。
里...羊羹にして、四角は田の面を象る。(現在は丸型)

と、あります。

この秋、結婚式をあげる娘なのですが

仕事柄、名前の変更を先にさせて頂くために先様にお願いをして

2月25日大安 入籍をいたしました。

DSC_4483_201703021151453ae.jpg

姫路の方と結婚をし、兵庫での生活となります。

結婚式も学生時代、二人が出会った神戸での挙式なので

今回、初めて姫路へお伺いするにあたり

金沢の五色生菓子を、このいわれと一緒に持参いたしました。

また、結納もしなかったのですが、しっかり彼からは指輪を頂いている娘

入籍記念にと結ばせて頂きました。

水引は、人と 物と 事と を素敵に結んでくれるものと思って仕事をしています。

DSC_4477.jpg

結納も金銭の授受や高額な品物のやり取りばかりが目につき

省いていこうという風潮になっていますが、本来の婚礼に向かうにあたっての儀式として

これから、末永く仲良く健康につつがなく過ごせるためのものとして

DSC_4481_20170302115144af7.jpg

心得として残ってほしいものです。

彼のお母さまが、桜茶を入れてくださったこと、本当にうれしく思いました。

そんなささやかなことをひとつ、ひとつ胸に抱いてありがたみをかみしめてほしいな~と娘には思います。



和傘も使われなくなり

見えなくなり、そのまま、そういえば?から知らない、見たことがない、

となるのでしょうか?

そんなことを少しでもふせぐために、頑張らないとと改めて思いました。
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。