FC2ブログ
flower border

wagasaya 明兎アルバム

ステキな和傘、愛らしい水引細工を、工房『明兎』がご紹介いたします。

差し掛け傘つま折れ二尺五寸 修復

Category大傘
こんばんは、明兎(minto)です。。。

油引き

今日の和傘は、

二尺五寸の差し掛け傘です。

お茶会によく見かける野点傘、傘の先が曲がっているつま折れ傘です。

松田さんとお話をしていると和傘の修復の話をよく聞きます。

各地方にお祭りで大きな和傘を使っているようで、

そんなお祭りの和傘は、地元の方がこれがなかったら祭りが始まらない!

ということで、とても大切にしていると言われます。

もちろん、普通の和傘も、よく使っている方は

破れたからとか、油のはじきが悪くなったからと修理依頼があります。。。

そんなお話を聞いていたものですから和傘は修理をするものと思っていました。

でもそれは地方で違ったようで、私がお世話になっている

岐阜では、修理をするより新しい傘をすすめます。

それは、修理することの大変さと、新しいものを買う方が安くつき

もっと長く使えることを思うと利にかなっています。。。

さて、今回の傘は、

修復

とある仏壇店さんからの依頼でした。。。

修復2

長野か名古屋かははっきり聞いていませんが、

お寺さんのお祭りに使われるそうで、

はじめは、私にはまだ無理とお断りしたのですが

誰も修理をしてもらえないとのことでお受けしました。。。

受けてビックリ。。。

菊座1
(磨き前)

中糸は髪の毛でしたし、柄だけに菊座もついていて

菊座
(磨き後)

戦前のもの百年くらいたっとるかもしれんぞと松田さんからお聞きし。。。

各工程を師匠に相談しながらビクビクこなしたのでした。。。

張り

松田さんへも行きました。

岐阜の社長さんへも相談しました。

師匠と

研究会メンバーにも手伝ってもらい、木工の先輩にも相談。。。

和紙屋さんや材料屋さんへも問合せして

閉じた姿

いろいろな人の手と心が入った傘になりました。。。

まさしく

開いた姿

傘という文字そのものです。。。

きっと、これからいろいろな傘を作っていくのでしょうが

全体

まだまだ未熟な私は、一本、一本、そんな沢山の手を通してきて

素敵な和傘として、お渡しできたらと思います。


それが、明兎の傘です。。。





関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment