FC2ブログ
flower border

wagasaya 明兎アルバム

ステキな和傘、愛らしい水引細工を、工房『明兎』がご紹介いたします。

かがり~金沢では千鳥かけといいます~

Categoryかがり
こんにちは、明兎です。

皆さん、お元気ですか?お家時間楽しみたいですね。

金沢の千鳥かけ
(金沢の千鳥かけ~各名称)

和傘を開くと内側にある色糸にわぁ~っと誰もが驚嘆の声を出してくれます。

私が一番クスっとなる瞬間です。

1_202004211356553d7.jpg
(すたーと)
2_20200421135657ff1.jpg
(手元巻き)

この糸は、かがりとか、かがり糸とか呼ばれ、金沢では全体のことも千鳥かけと言います。

かがりは装飾のためではなく、傘の補強のために施されています。

3_20200421135658b03.jpg

4_20200421135700038.jpg
(二段目)

さて、歌舞伎の助六、役者さんが傘をすっと回してパッと開く!

和傘を持っていただくと、良く真似をされそうになりますが、

いかんせん、絶対にやめてください。傘が壊れます!

20200405_115437.jpg

20200405_132727.jpg
(三段目)

歌舞伎の傘は、役者さんが演舞するために作られております。

顔が良く見えるようにはじきは高くし、傘は大きく開き

和紙の張り方等も余裕を持って張ります。

20200405_141158.jpg
(四段目)

さて、かがりは?

昔の傘を見てみると、この網のような糸掛けを金沢では千鳥かけ、

岐阜ではかすみという意匠ですが

普段は骨を一本飛ばしに上下にかけるのですが、

8一本飛ばし


9_20200421135704bb6.jpg

2本飛ばしもあり、

102本とばし

11_20200421154544433.jpg

もっと古いのは3本も4本も飛ばしておりました。

さて、仕事を簡略化するために?、材料がもったいないから飛ばしたのはか不明?

20200405_161154.jpg
(閉じるとフワフワになってきます)
流石に、3本も4本も飛ばすとモタモタになりそうで、

今回はいつもの一本飛ばしと

12_20200421145343d16.jpg

2本飛ばしを行ってみました。

20200409_163904_20200421143133c54.jpg

雰囲気もなんとなく違いますね。

さて、傘のためにはどちらが良いのでしょうか?

???がいっぱいの和傘作業です。

聞きたくても聞けない名人たちの声ですが。。。

20200328_100848.jpg

白波五人衆

個々が見栄を切るとき、大きな人も小さな人も

太っている人も、のっぽの人も

それぞれが一番に見えるように、昔はその人の腕の長さ等を

考えながら、その人のための傘を作ったもんや~

ファンがごひいきさんのために特別にこさえたもんや~

20200405_135324.jpg

古き傘を見ると、そんな声がまだまだ聞こえてきそうな気がします。

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment