FC2ブログ
flower border

wagasaya 明兎アルバム

ステキな和傘、愛らしい水引細工を、工房『明兎』がご紹介いたします。

油引き 傘干し

Category油引き
こんばんは、明兎(minto)です。。。

今日の写真はこれ。。。なんだと思います?

パイプ

これは、和傘の油を引いた時に、傘を乾かすために

地面に穴を開けパイプを埋め込んでもらったのです。

上には、雨水が入らないようにキャップもしてもらって^_^;

夏までは、和傘を全開にして広げて乾かしていました。

夏

この状態だと、風が吹いて和傘が飛ばされてしまいます。

和傘同士で、和紙に穴が開くこともあります。。。

また、室内では、こんな感じで吊り下げていました。

吊って

松田さんも、軒先や室内でこうやって乾かしています。。。

このパイプが欲しかった一番の理由は、

岐阜でももうこの風景は少なくなっていたからです。。。

傘干し

岐阜の傘干しのポスターはこんな列が何本もあって

とっても綺麗でした。。。

傘干し2

一度だけ、見せて頂いたことがあったのですが、

昔より数は減ったとは言っても、とっても素敵な風景だったのです。。。

地面にさすことによって

地面からの地熱と、上からの太陽光で早く乾くそうです。。。

傘干し3

夏は、発火するぞ!とか。。。

春分の日から、秋分の日までは、傘を回さなくてもいいけど

そのほかの日は、傘を回しながらまんべんなく乾かすこととか

頭の中で空想していたことが、現実となり

ふ~んそうやっていたんだ、と納得したり、

沢山ある工程の少しずつが見え初めて来ています。

傘干し4


きれいや~って言ってもらえる素敵な仕事場面です。。。

油を引くと、和紙の風合いがとても変わります。

明兎の輪


明兎では油のマジックなんて呼んでいます!

和傘つくりで一番嬉しい瞬間かもしれません。。。


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment